21歳のエリザベス女王のスピーチ

英語

エリザベス女王のスピーチ

 

エリザベス女王の生涯をふりかえる映像の中で、

1946年、彼女の21歳の時の宣誓をたびたび目にします。

 

「私はあなたがたに誓います。

私の人生が長くとも短くとも、

私の全人生を、あなたがたと、偉大なる英王室に捧げます。」

 

でも、実はこれは、スピーチのほんの一部だったのです!

 

I declare before you all that my whole life

whether it be long or short

shall be devoted to your service

and the service of our great imperial family

to which we all belong.

 

このスピーチの背景

 

このスピーチは1946年、エリザベス女王が21歳の時、両親と妹と一緒に訪れた南アフリカ、

ケープタウンからのラジオ放送で流れました。

前年の1945年に終わった第二次世界大戦の翌年の外国訪問の際に、

国民に向けたメッセージだったのですね。

 

その背景を考えながら聞くと、エリザベス女王の決意をひしひしと感じます。

 

 

英王室の公式サイトでは全文が記載されています。

 

https://www.royal.uk/21st-birthday-speech-21-april-1947

 

 

よく取り上げられているのは、スピーチの最後のほうです。

(赤字になっている一文です。)

 

21歳の誕生日に行われたスピーチの全文

 

On my twenty-first birthday I welcome the opportunity to speak to all the peoples of the British Commonwealth and Empire, wherever they live, whatever race they come from, and whatever language they speak.

わたくしの21歳の誕生日の日に、異なる場所に住み、異なる人種の、異なる言葉を話す、英コモンウェルスと英帝国のすべての人々へむけて話をする機会をもてたことをうれしく思います。

 

Let me begin by saying ‘thank you’ to all the thousands of kind people who have sent me messages of good will. This is a happy day for me; but it is also one that brings serious thoughts, thoughts of life looming ahead with all its challenges and with all its opportunity.

 

わたくしに何千もの善意のメッセージをくれた人々に感謝の意を表します。

大変光栄です。

しかし、それと同時に行く手には、機会と困難が待ち受けているとひしひしと感じるのです。

 

At such a time it is a great help to know that there are multitudes of friends all round the world who are thinking of me and who wish me well. I am grateful and I am deeply moved.

 

そんなとき、私を思い、案じてくれる世界中の多くの友人がここにいることに心震わせ、深く感謝するのです。

 

As I speak to you today from Cape Town I am six thousand miles from the country where I was born. But I am certainly not six thousand miles from home. Everywhere I have travelled in these lovely lands of South Africa and Rhodesia my parents, my sister and I have been taken to the heart of their people and made to feel that we are just as much at home here as if we had lived among them all our lives.

 

今日、ケープタウンからお話している私は、生まれた国から6千マイルも離れたところにいます。

でも、本当は、私の故郷からは6千マイルも離れていないのです。

南アフリカとローデシアの美しい土地を旅するたびに、両親と妹と私は人々の心に触れ、

まるでずっと彼らと暮らしてきたかのように、ここが我が家のように感じられるようになりました。

 

That is the great privilege belonging to our place in the world-wide commonwealth – that there are homes ready to welcome us in every continent of the earth. Before I am much older I hope I shall come to know many of them.

 

地球上のどの大陸にも、私たちを歓迎してくれるイギリス連邦があるのです。

近いうちに、そのうちの多くの方々と知り合いになりたいと願っています。

 

Although there is none of my father’s subjects from the oldest to the youngest whom I do not wish to greet, I am thinking especially today of all the young men and women who were born about the same time as myself and have grown up like me in terrible and glorious years of the second world war.

 

年長者から年少者まで、どなたともお会いしたいのですが、

とりわけ、私と同年代の、第二次世界大戦のさなかに、私と同じように成長した若い男女のことを思っています。

 

Will you, the youth of the British family of nations, let me speak on my birthday as your representative? Now that we are coming to manhood and womanhood it is surely a great joy to us all to think that we shall be able to take some of the burden off the shoulders of our elders who have fought and worked and suffered to protect our childhood.

 

わたくしの誕生日に、英国民の若者の代表としてお話をさせていただきます。

われわれが成人男女となる今、

子供時代の私たちを守るために、戦い、働いてくれた年長者の肩の荷を下ろしてもらえれることに喜びを感じています。

 

We must not be daunted by the anxieties and hardships that the war has left behind for every nation of our commonwealth. We know that these things are the price we cheerfully undertook to pay for the high honour of standing alone, seven years ago, in defence of the liberty of the world. Let us say with Rupert Brooke: “Now God be thanked who has matched us with this hour”.

 

私たちは、戦争が残した不安と苦難に脅かされてはなりません。

これらは、世界の自由を守るという名誉のために、7年前に私たちが喜んで引き受けた代償であると信じています。

ルパート・ブルックの言葉と同じです。

「われわれが同じ時間を過ごしていることを、神に感謝しましょう」

 

I am sure that you will see our difficulties, in the light that I see them, as the great opportunity for you and me. Most of you have read in the history books the proud saying of William Pitt that England had saved herself by her exertions and would save Europe by her example. But in our time we may say that the British Empire has saved the world first, and has now to save itself after the battle is won.

 

困難の中ではあるけれども、それは皆さんと私にとっての大きなチャンスととらえていただきたいのです。

「英国はその努力によって自らを救い、その模範によってヨーロッパを救うだろう」とウィリアム・ピットが誇らしげに語っているのを、歴史書の中で、お読みになったことと思います。

しかし、大英帝国はまず世界を救いました。

そして戦いに勝利した今、今度は自分自身を救わなければならないのです。

 

I think that is an even finer thing than was done in the days of Pitt; and it is for us, who have grown up in these years of danger and glory, to see that it is accomplished in the long years of peace that we all hope stretch ahead.

 

それはピットの時代よりも素晴らしいことだと思います。

そして、この危険と栄光の時代に成長してきた私たち全員が望んでいることは、

長く続く平和の時代を築くことです.

 

If we all go forward together with an unwavering faith, a high courage, and a quiet heart, we shall be able to make of this ancient commonwealth, which we all love so dearly, an even grander thing – more free, more prosperous, more happy and a more powerful influence for good in the world – than it has been in the greatest days of our forefathers.

 

私たちが揺るぎない信念と高い勇気と静かな心を持って共に前進するならば、

われわれが心から愛するこの歴史ある英連邦を、先祖の偉大な時代よりもさらに壮大なもの、

自由で、より繁栄し、より幸福で、世界に対してより強い影響を与えるものにすることができるはずです。

 

To accomplish that we must give nothing less than the whole of ourselves. There is a motto which has been borne by many of my ancestors – a noble motto, “I serve”. Those words were an inspiration to many bygone heirs to the Throne when they made their knightly dedication as they came to manhood. I cannot do quite as they did.

 

そのためには、私たち自身のすべてを捧げようではありませんか。

私の多くの先祖が背負ってきた宣誓があります。

「I serve(私は奉仕する)」という高貴な宣誓です。

この言葉は、多くの王位継承者が成人に達したとき、騎士としての献身を支えるものとなりました。

私は、彼らのようにはできないのです。

 

But through the inventions of science I can do what was not possible for any of them. I can make my solemn act of dedication with a whole Empire listening. I should like to make that dedication now. It is very simple.

 

しかし、科学の発明によって、私は誰も成し遂げなかったことができます。

全帝国が見守る中、厳粛な誓いを立てることができるのです。

今、その宣言を行いたいと思います。

難しいことではありません。

 

I declare before you all that my whole life whether it be long or short shall be devoted to your service and the service of our great imperial family to which we all belong.

 

「私はあなたがたに誓います。

私の人生が長くとも短くとも、

私の全人生を、あなたがたと、偉大なる英王室に捧げます。」

 

But I shall not have strength to carry out this resolution alone unless you join in it with me, as I now invite you to do: I know that your support will be unfailingly given. God help me to make good my vow, and God bless all of you who are willing to share in it.

 

しかしながら、あなたがたなしでこの決意を達成できるほど私は強くありません。

あなたがたに絶え間ないサポートを頂きたいのです。

われわれに神のご加護を。

 

以上です!

 

 

References

Retrieved from https://www.royal.uk/21st-birthday-speech-21-april-1947