アラフィフ女も新作ジュラシックワールドを楽しめたよ!(ネタバレは一切しません。)

Uncategorized

さっそく、「ジュラシックワールド/新たなる支配者」を観てきました。

IMAX字幕編です。

字幕は大御所、戸田奈津子の安心感。

 

主役のオーウェンのたくましさ健在。

胸板厚い。

前作で感じた、俺、空気読まないよ。一直線なんで!みたいな感じから脱却し、ただただ頼れる男、オーウェンになってました。

炎の王国から4年経ちますが、ちっとも衰えていません。

むしろ身体能力向上。

観客の私たちも、そんなオーウェンの華麗なアクション姿をしっかり目に焼き付けるために、

動体視力きたえてから、この映画にのぞまなくてはならないくらいです。

 

ジュラシックワールドは1、2、3とか数字がついていないので、整理しました。

パークとあわせてこんな感じ。

 

1作目、1990年 「ジュラシックパーク」。

2作目、1997年 「ロストワールド/ジュラシックパーク」。

3作目、2001年 「ジュラシックパーク3」。

4作目、2015年 「ジュラシックワールド」。

5作目、2018年 「ジュラシックワールド/炎の王国」。

6作目、2022年 「ジュラシックワールド新たなる支配者」最新作です。

 

今回の新作を観る前には5作目の炎の王国をもう一度おさらいしてね!

4作目ももちろんつながってますよ。

なんならジュラシックパークともストーリーはつながってます。

 

 

映画は、2時間40分もあってお尻が痛くなったけど、

もし私がアメリカでこの映画みてたら、最後にポップコーンぶちまけたかったくらいエキサイティングなストーリーでした。

 

もう一つ、オーウェンの娘のイザベラ役の女優さんが、

昔、NHKでやってたドラマ、「大草原の小さな家」の長女メアリーにめっちゃ似てるよ!

 

ジュラシックワールドの中でイザベラが言う「Eyes on me。」のセリフには、引き込まれました!